とっても大変な自毛植毛とその経過

1年が経った現在、大体の髪の毛が生え揃いました

たまに蒸れて痒くなることがあり、それでも我慢をしなければならなくて苦痛でした。
シャンプーの仕方もとても慎重にしましたし、寝ている間に無意識に触らないよう工夫もしました。
1週間くらいが経ち、ようやくかさぶたが取れてキレイになっていたような気がします。
植毛をした部分はプツプツと黒い点になっていて、見た目にもどこからどこまでやったのかが見えます。
加えてやはり自毛という安心感は大きく、ここからこの毛がどう育つのか純粋に楽しみになりました。
人工毛だとかさぶたが取れた後も何か不具合が起きることがあるので、手放しでワクワクすることは出来なかったかもしれません。
1ヶ月半ほどが経つと、今度は一時的脱毛が始まりました。
髪の毛の生まれ変わりに大切なことらしく、先生から教わっていたので慌てることはありませんでしたが、見た目的にはまた額が広くなり直視したくありませんでした。
まだまだ時間も掛かるとのことで、このときくらいからは毎日鏡で見るのは止めようと決意した記憶があります。
ようやく植毛の実感を得たのが、術後半年ほどが経過してからでした。
本当にやっとかという感じで、目に見えて髪の毛が生えてきたのです。
もちろん長さとしてはまだ存在感が無く、産毛のような部分から2cm3cmほどの部分まで色々です。
これでも長年悩んでいた自分にとっては、笑みが絶えないほどの嬉しさでした。
生活も普段通りの過ごし方が出来ていましたし、やって良かったと思えたのもこの時期くらいからです。
こうして1年が経った現在、大体の髪の毛が生え揃いました。

約2000株植毛しました / 1年が経った現在、大体の髪の毛が生え揃いました / 今ある髪の毛を自信に変える